Copyright (C)  2019  げんなみ正保.  All Rights Reserved.

 横浜市初の住民発意による、水質浄化施設の設置を実現

(旧最終処分場の浸出対策として)

◆ 新橋地区阿久和川周辺の水質汚染の解消へ

 

  水質浄化施設の設置までの経緯は[コチラ]

 

新橋旧一般廃棄物処分場近くを流れる阿久和川に排出されている排水管から

環境基準を超え、排出基準を若干ではあるが上回るPCB(ポリ塩化ビフェニル)が

検出された問題に関して、自治会・新橋環境を守る会が中心となり改善を求めて参りました。

 

 げんなみ正保も横浜市会においてこの問題を何度も取り上げて参りましたが、
平成15年12月の定例議会において、平成15年度一般会計への補正予算と
して1億1700万円の計上が決定し、廃水処理施設が設置されました。

配水管の検査に立ち会うげんなみ正保

廃水処理施設完成後の住民説明会

 阿久和川には地域の人たちに親しまれている「まほろば親水公園」があり、
これで子供たちも安心して遊べると、長年に亘ってこの地域の環境問題に
取り組んできた新橋環境を守る会の方々と新橋連合自治会や地域住民の
みなさまから喜びの声が上がっています。

これまでの経緯