Copyright (C)  2019  げんなみ正保.  All Rights Reserved.

ゲリラ豪雨対策、着々と前進!

 狭い範囲に短時間で大雨をもたらす局地的な豪雨が、

近年全国各地で多発しています。
2年前には、神戸市都賀川で豪雨によって発生した

鉄砲水で学童保育の2児を含め5人が亡くなりました。
 
警報装置が街にやって来た!
 
 横浜市でもこの事故を教訓に、昨年には、事故防止の

ため警報装置が11か所に設置されました。

泉区内では、和泉川の「地蔵原の水辺」、阿久和川の

「ふれあいのまほろば」など4親水施設に設置すること

ができました。
 警報装置は、大雨注意報発令時に赤色灯が回転。

大雨・洪水注意・警報で赤色灯と音声で警告し、避難を

促します。
 
楽しい川、危険な川
 
 かつて、げんなみ市議は、「まほろば」上流の水路から

基準を超えるPCBが検出された際、住民の皆様と力を合わせ、

横浜市初の住民発意による浄化施設(PCBの除去)の設置を

実現しました。
 これにより人や多くの生物の安全性が確保されました。
 
    同様に、ゲリラ豪雨の時には、楽しい川が、あっという
間に、

一転して危険な川に変わります。
    この視点を忘れず、更に豪雨対策に取組みます。
     

豪雨に「貯留」が最も効果的
     
    泉区では、平成16年の台風や17年の集中豪雨などにより、

  浸水被害が発生。
     
    その対策を求めてきましたが、中田東第2雨水幹線や既存水路の改修、公園等を利用した雨水調整池
    を整備することにより被害軽減を図ることになりました。
    現在、着々と整備が進められています。
    18年以降には、泉が丘中学校・しらゆり公園など区内7ヶ所に、集中豪雨に最も効果的な貯留施設を
    整備しました。
     境川流域における区内の貯留浸透施設は、学校・公園53か所に貯留施設を整備、既設の雨水調整池
    12か所を改良したほか、雨水浸透枡約2,000個を設置し、約76.000立方メートルの貯留量を確保しました。
 
    
避難対策
  
 避難対策も重要です。政府は、ゲリラ豪雨に対応するレーダー(XバンドMPレーダー)を開発。
その活用が待たれます。しかし、警報を出しても住民が避難しない現状が指摘されています。
啓発が更に必要と思われます。

 

 また、地デジが全国普及した際、データ放送を使って情報を発信することも検討されていますが、

その際、高齢者や障害者などの災害時要援護者への対策も大きな課題です。
時間50ミリ対応の見直しなど含め、様々な課題解決に向け、国会議員とも連携を図り対策を進めて

まいります。
      

 今後もたゆむことなく「地域の声」に耳を傾け、安心、安全の街づくりに力を注いでまいる決意です。