Copyright (C)  2019  げんなみ正保.  All Rights Reserved.

『臨時福祉給付金』及び『子育て世帯臨時特例給付金』の

コールセンターを設置

LED防犯灯設置

 横浜市は、『臨時福祉給付金』及び『子育て世帯

臨時特例給付金』の両給付金支給対象者が、

合わせて全国最大規模の約84万人。

  

 公明党横浜市議団は、市民の皆様から「自分は

支給対象者になるか?」等の疑問にお答えする

ための対策を講ずべきと主張。

支給手続きにあたりフリーダイヤルで対応するコールセンターの設置を実現。

  

 日本語だけでなく、外国語(英語・中国語・韓国語)でも対応。

 LED(※1)は、蛍光管に比べ消費電力が小さく、寿命も10年以上となることが

期待され、さらに電気料金を横浜市が負担することで、自治会・町内会の負担も

大幅に軽減することができる。そのため、市内の防犯灯を蛍光管からLEDに

交換する事業を進めている。

 

 これまで、市内の電柱に設置された防犯灯(約15万6千灯)のうち、約25%の

LED化が完了しているが、従来の方法で交換していくと全てを交換するのに

10年以上もかかってしまうため、交換を加速すべきとの提言を行ってきた。

その結果、平成26年度中にESCO(※2)事業を活用し、残りの11万7千灯を

LEDに交換することとなった。


※1 LED=Light Emitting Diode(発光ダイオード)
※2  ESCO=Energy Service Company の略称。

  既存設備の省エネルギー改修により生じる
維持管理費削減分(複数年)で、整備コストを捻出する事業。